多店舗展開コンサルティングとは

小売業、サービス業、飲食業等を営んでいる方、
すなわち、店舗を構えて一般顧客を相手に商売をされている方は、ご覧ください。

店舗運営をされている方で、「1店舗か2店舗で、そこそこの売上と利益をあげていればいい」
という考え方は、とても健全だと思います。
しかし、最近は、顧客の嗜好の変化や競合店の出店などが、めまぐるしく早いです。
現在の状態が、いつまでも続くとは限りません。

私は、小売店などの店舗を運営されている方は、
いつも新しい店舗を出店する気持ちを持っておくことが大切だと思います。
実際に出店するかしないかに関わらず、
いつも頭の中に新しい店のことを考えておきます。

そのような経営者の方は、市場や競合の動向に敏感です。
人の流れも把握しているし、競合店の品揃えなどにも、
詳しくなります。
不動産物件の紹介が来たら立地や通行量を調べてみる、
空き店舗の前を通ったら、
自分が出店したと仮定したシュミレーションを行ってみる。
このようなことを繰り返していると、実際に店舗を出店した時には、
普段何も考えずに衝動的に出店した場合に比べて、
とても魅力的な店舗を出店することができるでしょう。

さて、店舗をいくつか展開すると、
いろいろな経営上のメリットが発揮できます。
売上や利益の増加はもちろんですが、
大量仕入によってコストを下げることができるようになります。
また、ドミナント効果と言いまして、
どこでもお店のカンバンが目に付き、
お客さまに対しての認知度を発揮しやすくなります。
商品の融通や人員の異動・配置も、効率的に行えるようになります。
さらに、多店舗展開を行うということは、
好況や不況のそれぞれの店舗業績が平均化され、
会社全体では業績の安定化を図りやすいということにつながります。
その他、いくつかの店舗を構えて、
それぞれの店舗が採算管理できていれば、
金融機関からの借入も行いやすくなります。

私は、サラリーマン時代に古本チェーン店の多店舗展開に携ってから現在まで、
多くの会社の経営戦略、経営計画、資金調達のアドバイスを行ってきました。
いくつもの店舗を出店する際には、採算性管理や資金繰りとともに、
期間回収法という投資回収の考え方が、重要になってきます。

多店舗展開を目指す経営者の方は、ぜひご相談ください。

ご利用していただきたい方

① 現在、採算性の合う店舗を営業しており、さらに同様の店舗を出店されたいという方。
② 新しい店舗を出店することで、売上や利益を増加させたいという方。
③ 現在の業態の店舗を営業するだけでは不安であり、少し違った雰囲気の店舗の出店を検討したいという方。
④ 店舗の出店から集客までの一連の流れについて、中小企業診断士に相談したいという方。
⑤ 新しい店舗を出店する際の、経営計画や資金調達について相談したいという方。

コンサルティングの内容

経営財務コンサルティングと同様に、定期的に会社訪問し、現状で起こっている経営課題や問題点について、下記のような方法により解決を図ります。
① 定期的な会社訪問と、経営者及び社員の方との相談及びアドバイス。随時、可能な範囲で電話相談。
② 役員会議、幹部会議、店長会議等への出席。
③ 金融機関等との折衝への同席。
④ 相談内容によって、弁護士、税理士、社会保険労務士等との連携により、課題解決を図ります。

期待される効果

○ 成功したビジネスモデルを多店舗展開し、売上や利益を増大させることができます。
○ 現状の店舗の改善点を反映して、新店舗をオープンすることができます。
○ 複数の店舗を出店することにより、知名度の向上を図ることができます。
○ 事業リスクを分散させることで、会社全体の収益の安定を図ることができます。
○ 大量仕入によるコストの低減、店舗間での従業員の弾力的な活用を図ることができます。
○ 会社の信用力の向上を図ることができます。

 方法・手順

経営財務コンサルティングと同様に、1ヶ月に2回以内の会社訪問。1回の会社訪問は、約2時間程度です。
その他、可能な限り、電話相談で対応いたします。

コンサルティング料金

1ヶ月108,000円より(消費税込)
交通費別

お客さまの声

株式会社プロスパ 様

博多ラーメン琥家、博多モツ鍋小鉄、とり屋小次郎などの飲食チェーンを展開する会社です。多店舗展開する際の、財務管理や採算性管理について、アドバイスを受けています。
私たちの会社は、「昭和レトロ風建物の飲食チェーン展開」によって、岡山県知事から経営革新計画を承認してもらいました。
飲食業界は、とても競争の激しい世界です。そのような中で、私たちは、次々と新しいメニュー開発を行い、お客さまに喜んでいただける料理の提供を行っていきたいと考えています。

トップへ